英文校正比較(3レベルのサービスプラン)

2023年4月1日改訂

どんな校正が目的にあっているか迷われたら3段階のサービスプランのご検討をお勧めします。どのプランもMD、LLD、PhD等の学位のある米(英)国人研究者が校閲します。投稿されるジャーナルの難易度(Impact Factor、CiteScore)や、学会発表用等、用途別にご検討できます。

95%のリピート率(2022年調査)が信頼の証です。

ちょっと待って、その英文校正サービスの選択で本当に大丈夫ですか。

英語の苦手な日本人研究者におかれましては「海外から提供される低価格・英文校正」を選択肢から除外することをお奨めします。何故なら、これらのサービスは「英語ネイティブの論文」の「出版前の最終チェック(語法、句読法、綴り)」を目的とするものであり、「日本人研究者の論文」を海外ジャーナルに投稿できるレベルまで改善するには不向きだからです。

これらの会社は、長年、欧米人を顧客として、その実力を発揮してきた経緯もあり、英語ネイティブの研究論文のみならず「インド人」や「フィリピン人」の研究論文でも問題が生じていなかったので、日本人の依頼でも「欧米人向けの校閲」で問題ないと考えていると思われます。

Dolphinの校閲者も米(英)国人の研究者ですが、日本人英語に精通しています。又、海外誌の査読者より高い評価を受けると評判です。

お客様の声(抜粋)

本格派の英文校閲(Dolphin)

校正いただいた内容が十分以上であり、加えて論文受理の連絡を頂きました。全て読む

低価格の英文校正(1st-tec)

本格的な校正が他社のおよそ半額で、仕上がりも予想以上で大変驚きました。全て読む

Dolphinを選ぶ 3つの理由

1. 高品質

校閲者は日本人英語に習熟しているMD、MBA、PhD等の学位のある米(英)国人です。150分野21年間の実績、投稿総数12000件以上を誇ります。

*弊社には英語を第2言語とするインド人、フィリピン人等の校閲者は在籍しておりません。

2. 低価格

海外在住の校閲者との契約、中間コストの削減を行う等の努力で、米(英)国人の研究者が校正している他社サービスの約65%の価格としています。

*ワードのテキストボックス、エクセル、パワーポイントの作業も割増料金はかかりません。

3. 短納期

スタンダード、エキスパート、リライト等の契約済み案件を、海外との時差を利用、土日祝日も継続で作業して、契約日から2日~18日で納品しています。

英文校閲の基準について

サービスの種類

スタンダード Copy editing

・言語的なチェックはもちろんのこと、センテンス毎に「英語表現」を改善します。
お見積りはこちら

エキスパート Substantive Editing

・パラグラフ毎に「英文構造」も再検討して、論旨が明確な論文に校閲します。
お見積りはこちら

リライト Substantive Editing

・ご依頼原稿を「あたかも英語ネイティブの書いた研究論文の様に」変更します。
お見積りはこちら

*難易度の高い超一流のジャーナルへ投稿予定の研究者の方にはリライトをお勧めします。

Copy Editing
欧米の校閲業界が定義するCopy Editing(コピー・エディティング)」と呼ばれるサービスは、言語的な視野から英語論文を点検します。 語法、句読法の適格さ、綴り等をチェックして、正確な英語にします。
英文校正スタンダードは、英語論文の表現やロジックに問題がある場合「改善のコメント(+α)を付記する仕様」としてあります。
Substantive Editing
欧米の校閲業界の定義するSubstantive Editing(サブスタンティブ・エディティング)」と呼ばれるサービスです。言語的な視野からの点検に加えて、英文構造も変更、執筆者の意図を伝わりやすくします。
エキスパートもリライトも Substantive Editing ですが、ご依頼原稿の変更範囲に違いがあります。

英文校閲(3段階のサービスプラン)

サービスプランの選択

英文校正エキスパート (税込表示)

大変お手数ですがエキスパート(Level2)のお見積りはこちらからご依頼をお願いします。
英文校正エキスパート(Level2)は研究論文の校閲として、自信をもってお奨めできます。又、アップグレードサービスもありますので、まず、こちらのお試しをお勧めします。文法、綴り、句読点等の点検に加え、必要に応じて、英文構造も変更、論理性の改善を行ないます。
エキスパートは弊社標準の英文校正のサービス名称です。欧米の校閲業界が定義するSubstantive Editingの品質となっています。米(英)の超一流誌(サイエンス・ネイチャー等)への投稿では、ご依頼案件のレベルにより、エキスパートで十分な場合と、リライトがお奨めの場合があります。
【校閲者】
研究者出身の米(英)国人2名、日本人コーディネータ1名(計3名)
Level1の経験5年以上、Level2の校正基準ついて研修済みのもの。
【単価】
・標準価格¥1000/100単語
・初回限定¥770/100単語

アップグレードサービスあり
・団体割引:¥880/100単語[3名以上/研究室]
・数量値引:¥880/100単語[1000単語以上]
・投稿規定参照:¥100/100単語
・担当指名:指名料なし
【標準納期】
(1) 7000単語未満:契約の翌日から5営業日
(2) 7000単語以上:契約の翌日から9営業日
入力フォームの「弊社への伝言」に「納期」をご記入ください。
特急案件(2~3営業日)はお値引きの対象外となります。
【編集作業】
単語数削減
Abstractは単語数の20%
本文は総単語数の20%まで基本料金内でおこないます。
【作成代行1】
Abstract
追加料金
¥33000(550単語まで)
本文校正ご依頼時のみ受付
【作成代行2】
Cover letter
追加料金
¥10000/枚
Response letterの代筆はお受けしていません。
【校閲証明書】
Certificate of Authenticity
追加料金
¥3000/枚
(注)校閲範囲及び作業内容が記載されます。
【謝辞】
英文校正を受けたことを記載することで、ジャーナルの英語基準を満たしていることを査読者に伝えることができます。
We thank Dolphin Corporation (https://www.dolphin-tr.com) for English editing.
【2次校閲】
1次校正後、お客様からのフィードバックを受けて、2次校正を行います。納品日の翌日から1週間以内なら「原則として」再校正料金はかかりません。150単語を超える変更・追記、又は全体の10%を超える変更・追記については「その内容により」追加料金が必要になることもあります。
【再校閲】
同一学会誌への投稿、投稿規定参照しない案件
Level2は、全体通読+部分校正を標準作業としています。リバイス箇所については再校正料金(定価)が必要になります。その他、未変更箇所にも通読料金¥400/100単語(消費税含む)が課金されます。リバイスが本文の50%未満の場合、部分校正のみを通読料金なしで、オリジナルに含まれない追記も含めてお受けします。但し、通読なしの作業では論文全体のConsistency保証は適用されません。
🔷本文とResponse Letterの校閲が同時であれば、標準料金内で「本文と整合する仕上げ」とします。
【履歴書】
英文履歴書のフォーマットに変更します。学歴、職歴の記載順等も英文履歴書と日本語履歴書では異なります。情報不足の場合、弊社側のアドバイスにしたがって、お客様側で追記して頂き再校閲(追加料金)することになります。別途、職務経歴書の準備をお勧めします。
【推薦状】【申請書】
日本語フォーマットから英語フォーマットへの変更もおこないます。

英文リライト (税込表示)

大変お手数ですがリライト(Level3)のお見積りはこちらからご依頼をお願いします。
英文リライト(Level3)は、正確さだけではなく流暢な英語を求めるトップジャーナルを目指されている研究者の方及びAI翻訳・AI校正を利用されて、ご自身で仕上げた方にお勧めです。自らの論文が一流誌に掲載された経験のある研究者出身の査読経験者が、文章の展開や流れまで考慮して書き直します。
リライトはトップジャーナル向け英文校正のサービス名称です。又、自己剽窃でお悩みのお客様は類似性削減の記事をご一読ください。弊社リライトは、サービス名称であり大学等で禁止している校閲会社へのリライト依頼(研究内容の改ざんを伴う)には相当しませんのでご安心ください。
【校閲者】
査読経験のある米(英)国人2名、日本人コーディネータ1名(計3名)
Level3の校閲基準で論文リライトが可能と判断され選抜されたもの。
【単価】
・標準価格¥1660/100単語
・初回限定¥1320/100単語

アップグレードサービスあり
・団体割引:¥1580/100単語[3名以上/研究室]
・数量値引:¥1580/100単語[1000単語以上]
・投稿規定参照:¥100/100単語
・担当指名:指名料なし
【標準納期】
(1) 7000単語未満:契約の翌日から10営業日
(2) 7000単語以上:契約の翌日から14営業日
入力フォームの「弊社への伝言」に「納期」をご記入ください。
特急案件(3~4営業日)はお値引きの対象外となります。
【編集作業】
単語数削減
Abstractは単語数の20%
本文は総単語数の20%まで基本料金内でおこないます。
【作成代行1】
Abstract
追加料金
¥33000(550単語まで)
本文校正ご依頼時のみ受付
【作成代行2】
Cover letter
追加料金
¥10000/枚
Response letterの代筆はお受けしていません。
【校閲証明書】
Certificate of Authenticity
追加料金
¥3000/枚
(注)校閲範囲及び作業内容が記載されます。
【謝辞】
英文校正を受けたことを記載することで、ジャーナルの英語基準を満たしていることを査読者に伝えることができます。
We thank Dolphin Corporation (https://www.dolphin-tr.com) for English editing.
【2次校閲】
1次校閲後、お客様からのフィードバックを受けて、2次校閲を行います。納品日の翌日から1週間以内なら「原則として」再校閲料金はかかりません。130単語を超える変更・追記、又は全体の10%を超える変更・追記については「その内容により」追加料金が必要になることもあります。
【再校閲】
同一学会誌への投稿、投稿規定参照しない案件
Level3は、全文再校閲を標準作業(定価の半額)とします。リバイス箇所のみの再校閲の場合は、リバイス箇所は校閲料金(定価)、未変更箇所には通読料金¥400/100単語(消費税含む)が課金されます。リバイスが本文の35%未満の場合、部分校閲のみを通読料金なしで、オリジナルに含まれない追記も含めてお受けします。但し、通読なしの作業では論文全体のConsistency保証は適用されません。
🔷本文とResponse Letterの校閲が同時であれば、標準料金内で「本文と整合する仕上げ」とします。
【履歴書】
記載内容を理解して、ネイティブのCVの様に書き直します。不必要な内容は削除します。情報不足の場合、弊社側のアドバイスにしたがって、お客様側で追記して頂き再校閲(追加料金)することになります。別途、職務経歴書の準備をお勧めします。
【推薦状】【申請書】
日本語フォーマットから英語フォーマットへの変更もおこないます。

英文校正スタンダード (税込表示)

大変お手数ですがスタンダード(Level1)のお見積りはこちらからご依頼をお願いします。
英文校正スタンダード(Level1)は、予算がない。なんとしてもコストを抑えたいお客様にお勧めします。文法、綴り、句読点等、言語面からのチェックを徹底的におこないます。又、論理性や英文構造の問題については、改善についてのご提案をさせて戴いています。こちらは学会発表ポスターの校正にお奨めします。
スタンダードは低価格・英文校正のサービス名称です。この仕様でも、業界標準のCopy Editingの基準を超える品質が期待できます。1次校正後に残った問題の箇所に「簡潔なコメント」を付記して納品しています。お客様側で書き直してから、2次校正することでアクセプト率を向上できます。
【校閲者】
研究者出身の米(英)国人1名、日本人コーディネータ1名(計2名)
Level1の校正基準、コメント付記方法等について研修済みのもの。
【単価】
・標準価格¥600/100単語
・初回限定¥440/100単語

アップグレードサービスなし
・団体割引:¥550/100単語[3名以上/研究室]
・数量値引:¥550/100単語[1000単語以上]
・投稿規定参照:¥100/100単語
・担当指名:¥200/100単語
【標準納期】
(1) 7000単語未満:契約の翌日から5営業日
(2) 7000単語以上:契約の翌日から9営業日
(注)お急ぎのお客様は入力フォームの「弊社への伝言欄」にご記入ください。
特急案件(2~3営業日)はお値引きの対象外となります。
【編集作業】
単語数削減
Abstractは単語数の15%
本文は総単語数の15%まで基本料金内でおこないます。
【作成代行1】
Abstract
追加料金
¥33000(550単語まで)
本文校正ご依頼時のみ受付
【作成代行2】
Cover letter
追加料金
¥10000/枚
Response letterの代筆はお受けしていません。
【校閲証明書】
Certificate of Authenticity
追加料金
¥3000/枚
(注)校閲範囲及び作業内容が記載されます。
【謝辞】
英文校正を受けたことを記載することで、ジャーナルの英語基準を満たしていることを査読者に伝えることができます。
We thank Dolphin Corporation (https://www.dolphin-tr.com) for English editing.
【2次校閲】
1次校正後、お客様からのフィードバックを受けて、2次校正を行います。納品日の翌日から1週間以内なら「原則として」再校正料金はかかりません。150単語を超える変更・追記、又は全体の10%を超える変更・追記については「その内容により」追加料金が必要になることもあります。
【再校閲】
同一学会誌への投稿、投稿規定参照しない案件
Level1は、リバイス箇所のみを対象とする再校正(全体通読なし)を標準としています。論文全体のConsistency保証は適用されませんが価格は抑えられます。リバイス箇所のみの課金(定価)となります。但し、リバイス原稿の全体通読を希望される場合は、リバイス箇所の校正料金(定価)に加えて、未変更箇所にも通読料金¥400/100単語(消費税含む)が追加課金されます。
🔷本文とResponse Letterの校閲が同時であれば、標準料金内で「本文と整合する仕上げ」とします。
【履歴書】
英文履歴書のフォーマットに変更します。学歴、職歴の記載順等も英文履歴書と日本語履歴書では異なります。情報不足の場合、弊社側のアドバイスにしたがって、お客様側で追記して頂き再校閲(追加料金)することになります。別途、職務経歴書の準備をお勧めします。
【推薦状】【申請書】
フォーマットの変更は行いませんので、英文フォ―マットでのご依頼をお勧めします。

初回投稿後の再校閲について

「英語論文のリバイス後、同じ投稿先に再投稿する場合」と、「リバイス後、全く別の投稿先に再投稿される場合」があると思います。前者の場合は初回と同じ校閲者とさせて頂いています。部分的な再校閲の場合、文章表現の統一を考えると、同一校閲者が望ましいためです。全体通読なしの部分的な校閲作業では、お値段が抑えられる分、全体のConsistencyの完全保証は困難となってしまいますが、同一校閲者が担当することによりConsistency問題の発生率を相当程度まで抑えることが可能です。但し、指定言語(アメリカ英語、イギリス英語、オックスフォード英国英語)を変更すると論文全体の校閲が必要になります。異なる言語の混在はmixture(混合型)と判断されリジェクトされる可能性が高いためです。又、言語により校閲者の変更が必要な場合があるためです。

(参考) オックスフォード英国英語について

お願い

英語論文の再校閲のお見積りを迅速に発行出来る様に、前回の案件番号(発注契約書、請求書等に共通の番号)を再見積のご依頼時にお知らせ頂けると幸いです。英文校正の場合はCで始まり、リライトの場合はWで始まる番号です。1st-tecの場合は、末尾にSの記号がついています。各書類の「向かって右上に記載されている番号」となります。又、メールのやり取りの際には、件名欄に案件番号を必ず記載する様にしてありますので、そこでの確認も可能です。

案件番号不明の場合は、何年度、何月頃かわかれば弊社側で確認します。但し、タイトルが変更されていたりすると見つけ出せない場合もあります。大変恐れ入りますが「前回データが弊社側で確認できない場合は」再校閲割引は適用できなくなる場合があります。又、適用できる場合も割引率が少なくなってしまうこともございますのであらかじめご了承頂けると幸いです。

弊社におけるお客様のデータ保存期間は3年となっています。したがって、それより古い案件の再校閲は「新規扱い」となります。お客様側から事前にデータ消去のご依頼があった過去案件につきましても新規案件扱いとなります。安全に保管中の過去案件のデータの参照に、予想外の手間と時間がかかる場合があります。できるだけ前回の案件番号を頂けると大変たすかります。

尚、再校閲のご依頼では、競合他社では変更・追記が論文全体の20%未満となっているのが標準的のようです。弊社では、英文リライト(Level3)が35%未満、英文校正エキスパート(Level2)が50%未満まで、英文校正スタンダード(Level1)は上限なしでお受けしていますので、他社より許容範囲がありますが、変更・追記が多い場合はやはりConsistencyの問題が発生する確率が高くなります。又、もちろん再依頼の原稿の状況にもよりますが、論文全体の流れや論旨展開にも影響が出てくる場合もあります。したがって、英文校正スタンダード(Level1)の場合を除いて、大幅な変更・追記のある原稿でのご依頼では変更箇所のみの再校閲はあまりお勧めしません。

*トップジャーナル向けの再投稿であれば「全体の再編集(50%割引適用)」をお勧めします。

ご依頼原稿からエキスパートレベルへの英文校正

①オリジナル校正前➡②エキスパート校正済み(履歴つき)➡③エキスパート校正済み(履歴なし)

エキスパートからリライトレベルへのアップグレード

③エキスパート校正済み(履歴なし)➡④リライト済み(履歴つき)➡⑤リライト済み(履歴なし)

英文校正エキスパートで納品完了後、お客様が英語論文の校閲状況を確認されてから、リライトへの変更(アップグレード)を希望される場合、それが納品から1週間以内の相談であり、そしてはじめての弊社発注案件であれば、エキスパートの手数料とリライトの手数料の差額のみの追加料金でアップグレードをお受けします。その際、再契約(契約内容の更新)が必要になります。又、弊社校正後に、お客様側で内容を変更・追記されている場合は、追記後の総単語数を基本に合計金額(当初料金+追加料金)を算出します。

追加料金の試算例

英文校正エキスパートが¥1,000/100単語であり、初回原稿の分量が50単位(5000単語)のケースでは、発注金額(支払予定金額)は¥880/100単語×50単位=¥44,000(消費税含む)となっているはずです。

上記をリライトにアップグレードする場合、その時の再依頼の原稿の分量が5500単語(エキスパート納品後に500単語の追記があったと仮定)すると、最終的に5500単語=55単位となり、リライトの通常契約料金と同等の¥1,580/100単語×55単位=¥86,900(消費税含む)が請求金額となります。

当初料金¥44,000+アップグレード料金¥42,900=¥86,900(合計金額)※これは最初からリライトで55単位を発注された場合と同じ金額です。

*アップグレードの「再契約は2回目の契約となり」初回料金の適用ができなくなります。

特別作業

お客さまのオリジナルの英語論文が "Instructions for Authors"(投稿規程)にあっているかどうかが、不安な方のために点検を別料金(+¥100/100単語)でおこなっています。

校閲料金 +¥100/100単語(消費税を含む)

*お客様側で「投稿規程にあわせて準備されてあるご依頼原稿」を弊社側で再点検します。

品質保証/免責事項

学会誌から英語の間違いを指摘されてしまった場合「リバイス前」にご連絡いただければ無料で対応させて頂きます。その際、査読者のコメントをご送付頂けると幸いです。尚、お客様側で投稿前に、校閲済みの論文を再変更をされた場合は、再校閲のご依頼をされることをお奨めいたします。校閲内容を受け入れられなかったり、弊社の納品後に追記をされた場合や、変更が行われている場合は、論文全体としての品質保証は適用されなくなりますので、ご配慮くださいますようにお願い申し上げます。

経験分野及び実績

150分野(研究論文・掲載数12000件の信頼)2023年1月現在

リライト 生物学サンプル 物理学サンプル

トップジャーナルに挑戦される研究者の皆様はもとより、AIで翻訳して修正されている「どこか不自然な英語」の「リライト」を希望されるお客様にお勧めしています。本サービスは投稿予定のジャーナルの難易度に関係なくご利用できますので気軽にお試しください。

分子生物学、生命情報科学、細胞生物学、遺伝子学、系統発生学、発生生物学、古生物学、考古学、進化生物学、海洋生物学、保全生物学、自然人類学、土壌学等。

Nature, Science, Nature Food, etc.

心臓学、心臓血管学、循環器学、血液学、脳神経内科学、腫瘍学、感染症学、免疫学等。

循環器学
European Heart Journal
Volume 42 Issue Supplement 1
出版社:Oxford University Press
インパクトファクター:35.855

血液学
Blood
Volume 128, Issue 22
出版社:American Society of Hematology
Impact Factor (IF): 25.669

IVUSベースの3Dワイヤリング技術
Journal of the American College of Cardiology
Vol. 79 No. 9 Supplement
出版社:Elsevier Science
Impact Factor (IF): 27.206

The New England Journal of Medicine, Jama-journal of the American Medical Association, Cell, Cell Metabolism, Blood, BMJ-British Medical Journal, JAMA Internal Medicine, Nature Reviews Genetics, Nature Reviews Disease Primers, The Lancet, Journal of Clinical Oncology, European Heart Journal, Immunity, Nature Reviews Cardiology, Circulation, Journal of Hepatology, Nature Biomedical Engineering, Journal of the American College of Cardiology, The Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle, Cell Reports, etc.

分析化学、構造化学、生物物理学、物理化学、統計物理学、デバイス物理、流体力学等。

分析化学
Science of the Total Environment
Volume 771 (144979)
出版社:Elsevier
Impact Factor (IF): 10.754

構造化学
Chemical Communications
Volume 56, Issue 9
出版社:Royal Society of Chemistry
Impact Factor (IF): 6.065

物理化学
Physical Review B
Volume 99, Issue 15
出版社:American Physical Society
インパクトファクター:3.908

物理学
Physical Review E
Volume 102, Issue 3
出版社:American Physical Society
インパクトファクター:2.707

物理学
Physical Review E
Volume 100, Issue 6
出版社:American Physical Society
インパクトファクター:2.707

物理学
Physical Review E
Volume 100, Issue 1
出版社:American Physical Society
インパクトファクター:2.707

生物物理学
Physical Review Research
Volume 5, Issue 2
出版社:American Physical Society
Impact Factor (IF): 4.23

Physical Review B, Physical Review E, Physical Review Research, Chemical Communications, Advances in Physics, Nature Physics, Physical Chemistry Chemical Physics, Science of the Total Environment, etc.

医療社会学等。

JAMA Network Open, etc.

言語学等。

The Modern Language Journal (MLJ), System, etc.

エキスパート 生物学サンプル 物理学サンプル 化学サンプル

標準的なジャーナルに投稿予定の研究者の皆様や、可能であるならば、自分のオリジナルの表現を生かして校正してほしいお客様にお勧めしています。本サービスは投稿予定のジャーナルの難易度に関係なくご利用できますので気軽にお試しください。

生化学、生命工学、生体工学、タンパク質工学、環境工学、栄養学、微生物学、菌類学、動物学、鳥類学、畜産学、生態学、構造生物学、昆虫学、植物学等。

Nature Chemical Biology, Nature Ecology & Evolution, Biotechnology Advances, Molecular Plant, Current Biology, Bioresource Technology, Bioinformatics, Journal of Nutritional Biochemistry, Journal of Biological Chemistry, iScience, BMC Biology, etc.

内科学、小児科学、心臓病学、消化器学、腎臓学、腫瘍学、免疫学、化学療法学、代替医療、創薬科学、認知症学、看護学、薬学、疫学、摂食障害学、画像診断学、放射線学、救急医学、薬物動態学、細菌学、ウイルス学、老年医学、緩和ケア、公衆衛生学、リハビリテーション、作業療法等。

筋肉の損失に関する研究
The Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle
Volume 12, Issue 3
出版社:Wiley
Impact Factor (IF): 12.063

腫瘍学
European Journal of Cancer
Volume 157, P373-382
出版社:Elsevier Science
Impact Factor (IF): 9.162

心臓病学
European Journal of Preventive Cardiology
Volume 25, Issue 2
出版社:Oxford University Press
Impact Factor (IF): 8.526

European Journal of Cancer, European Journal of Preventive Cardiology, Nephrology Dialysis Transplantation, Clinical Nutrition, Allergology International, Science Translational Medicine, Nature Metabolism, Diabetes Care, Radiology, Circulation Research, American Journal of Human Genetics(AJHG), Journal of Clinical Investigation, Molecular Therapy, JACC: Cardiovascular Imaging, JACC: Cardiovascular Interventions, Thrombosis Research, Annual Review of Medicine, Annals of Neurology, Annals of Surgery, Progress in Neurobiology, Journal of the American Society of Nephrology.

Clinical Journal of the American Society of Nephrology, Stem Cell Reports, International Journal of Cancer, Obstetrics and Gynecology, Cancer Letters, Journal of Neuroscience, Nephrology Dialysis Transplantation, EuroIntervention, Thrombosis and Haemostasis, Annals of Emergency Medicine, European Journal of Nutrition, Nutrients, Bone Marrow Transplantation, World Journal of Emergency Surgery, Journal of Neurosurgery, Resuscitation, Acta Neuropathologica Communications, Journal of the American Medical Directors Association, The Bone & Joint Journal, etc.

物理学、機械工学、ロボット工学、摩擦学、計測学、電子工学、情報理論と演算処理、光通信学、エネルギー工学、環境分析学等、宇宙物理学等。

摩擦学
Tribology International
Volume 174 (107775)
出版社:Elsevier Science
Impact Factor (IF): 5.62

計測学
Precision Engineering
Volume 75, P248-262
出版社:Elsevier Science
インパクトファクター:4.19

International Journal of Engineering Science, Engineering, Applied Energy, Tribology International, Precision Engineering, Nature Astronomy, etc.

医療社会学、医療経済学等。

Clinical Social Work Journal, Value in Health, Health Economics, etc.

言語学等。

ELT Journal, RELC Journal, etc.

スタンダード 生物学サンプル 物理学サンプル

海外大手の校閲会社の「超低価格の英文校正」を利用後、ジャーナルに投稿されて、「英語が原因で」査読者にリジェクトされてしまった論文の再校正にお勧めしています。AIで翻訳した論文、高難度のジャーナルを目指す論文であればリライトをお試しください。掲載誌情報(詳細)はこちら

生物学、生体工学、生命科学、生化学、食品化学等。

Journal of Biological Chemistry, Bioengineering, PLoS One, Biochemistry, etc.

産婦人科学、生殖医学、薬理学、生理学、神経科学、耳鼻咽喉科学、呼吸器学、消化器学、麻酔科学、皮膚科学、生活習慣病学、外科学、理学療法、神経学、病理学、泌尿器科学、解剖学、薬化学、東洋医学、スポーツ医学等。

The Lancet Gastroenterology & Hepatology, Journal of Pediatrics, Scientific Reports, PLoS One, Mycoses, European Journal of Clinical Nutrition, European Journal of Pharmacology, Pediatric Nephrology, FEBS Letters, Supportive Care in Cancer, Journal of Vascular Surgery, Biology of Blood and Marrow Transplantation, Molecular Medicine Reports, Environmental health and preventive medicine, Ultrasound in Medicine and Biology.

The Journal of Dermatology, American Journal of Tropical Medicine and Hygiene, Microbes and Environments, Journal of Ultrasound in Medicine, BMC Pregnancy and Childbirth, BMJ Open, Clinical and Experimental Nephrology, World Journal of Pediatrics, American Journal of Medical Genetics, Part A, Circulation Journal, Digestive Surgery, Journal of Perinatology, Journal of Ocular Pharmacology and Therapeutics, etc.

物理化学、ナノテクノロジー、結晶学、物性物理学等。

Journal of Physical Chemistry C, Crystal Growth and Design, Soft Matter, etc.

*投稿論文のみではなくポスター、口頭発表の原稿等もお受けしています。

校閲者

弊社は情報管理の一環としての個人情報保護方針遵守の立場から、お客様の個人情報はもとより校閲者の個人情報も慎重に管理しています。よって担当者の名前はイニシャル表記のみとさせて頂きます。

  • EK, PhD (Immunology)
    分子免疫学、免疫微生物学、免疫遺伝学、腫瘍免疫学、発生学、分子イメージング学。
  • SA, PhD (Genetics)
    遺伝学、人類遺伝学、動物遺伝学、分子遺伝学、微生物遺伝学、細胞遺伝学。
  • AK, MS (Bioinformatics)
    分子生物学、バイオインフォマティクス、鳥類学。
  • SW, MS (Veterinary medicine)
    獣医学、野生生物学、古生物学。
  • RI, PhD (Biochemistry)
    酵素学、構造生物学、代謝学、病態生化学、糖鎖生物学、ウイルス感染症学。
  • SC, PhD (Neuroscience)
    神経機能構造学、遺伝学、生理学、薬理学、栄養学、病理学。
  • DJ, MS (Food science)
    食品保存、発酵、酵母、食品安全。
  • ST, MD (Microbiology)
    感染症、ウイルス学、細菌学、免疫学。
  • GH, MD (Immunology)
    免疫学、乳癌、分子生物学、細胞生物学。
  • MM, MD (Microbiology)
    病原微生物学、ウイルス学、感染症学、細菌学。
  • TC, PhD (Engineering)
    電子工学、ロボット工学。
  • RC, PhD (Engineering)
    機械工学、非破壊検査。
  • CN, MS (Physics)
    物理学、分子力学。
  • JC, MS (Mathematics)
    応用数学、統計学。
  • ST, LLM (International Business Law)
    契約書。
  • RJ, MS (Health Economics)
    医療経済学。
  • YS, MA (Medical Sociology)
    医療社会学。
  • TK, MA (Applied Linguistics)
    応用言語学。

*契約書は研究論文と異なり英文添削(日英対照)のみの受付となります。
*上記以外にも様々な専門分野の校閲者がお待ちしています。

実績(抜粋)

東京大学、京都大学、東北大学、北海道大学、九州大学、大阪大学、名古屋大学、東京工業大学、東京医科歯科大学等の国立大学、日本医科大学、東京慈恵会医科大学、慶応義塾大学、早稲田大学、第一薬科大学、大阪医科薬科大学、お茶ノ水女子大学等の私立大学及び産業技術総合研究所、国立感染症研究所、国立健康・栄養研究所、科学警察研究所、理化学研究所等の研究機関、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、その他。

🔷英文校閲比較表

回答

Q(1)校閲案件の査収後に変更を加え使用しても保証を受けられますか?
Aご自身で変更を加えた原稿を「そのままご利用されると」論文の保証は適用できなくなってしまいます。
再変更箇所は投稿前に再校閲を受けられることをお勧めします。
Q(2)校閲証明書(Certificate of Authenticity)を発行して頂けますか?
A¥3000/枚にて発行が可能です。但し、弊社作業範囲外の項目があれば校閲証明書に明記されます。
Q(3)校閲箇所に疑問がある場合はどの様に解決すればよいでしょうか?
A品質向上に役立つ範囲で、納品時のeメールに記載される「2次校正のご案内」の手順でお願いします。
Q(4)ジャーナルに投稿する前の段階での再校正依頼は有料でしょうか?
A投稿前であれば「原則として」追加料金の発生はありません。サービスの詳細の説明をご参照ください。
Q(5)投稿後に査読者に英語の問題が指摘された場合はどうなりますか?
Aリバイスをしないで投稿され指摘を受けた原稿をそのままご返送ください。当初料金内で再点検します。
Q(6)英語ネイティブの研究者の論文と全く同じ英語レベルにできますか?
A英文リライト(Level3)のご利用をお勧めします。英語ネイティブが作成したかの様な論文に変更します。
(注)自己剽窃対策を目的とした類似性削減については割増料金となります。
Q(7)3連文書(見積書、納品書、請求書の組み合わせ)は発行できますか?
A4連文書(見積書、納品書、完了書、請求書)を発行します。「納品書」「完了書」はどちらかを使用します。